TEL
MENU

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症を改善するなら、大岡山、自由が丘、旗の台のひろ整骨院/ひろ鍼灸院までお越しください。

脊柱管狭窄症という疾患はご存知でしょうか?そもそも脊柱管とは背骨にあり、その中を中枢神経が通っています。その背骨に何も異常が無ければ問題ないのですが、歪みなどがあると中にある中枢神経を圧迫してしまい、脊柱管狭窄症になってしまうのです。この脊柱管狭窄症になってしまうと、身体に様々な悪影響を及ぼしてしまいますので、お早めに大岡山、自由が丘、旗の台のひろ整骨院/ひろ鍼灸院にて治療を開始しましょう。

脊柱管狭窄症になってしまうと、しびれや腰痛などの辛い症状が現れてしまいます。脊柱管狭窄症の主な原因としては、生まれつき脊柱管のスペースが狭い方や脊柱管の周りの靭帯が骨化してしまうなどになります。病院や整形外科を受診すると多くはマッサージや湿布、お薬などの治療を受けられるかと思いますが、大岡山、自由が丘、旗の台のひろ整骨院/ひろ鍼灸院では、身体の歪みを整えていく根本治療を施していきます。

大岡山、自由が丘、旗の台のひろ整骨院/ひろ鍼灸院では、治療はもちろんですが、それよりも脊柱管狭窄症を起こさせないような身体作りに力を入れております。何かお体に異変がありましたら、お気軽に大岡山、自由が丘、旗の台のひろ整骨院/ひろ鍼灸院までご相談ください。

脊柱管狭窄症へのアプローチ

脊柱管狭窄症の方の悩みは腰痛などの身体の痛みだけではありません。周りの人と同じスピードで歩けないため、歩きながら会話をすることが難しくなることもあります。そうすると、だんだんとコミュニケーションがとりにくくなり、孤独な想いをすることもあるのです。身体だけの問題でない…ということも理解する必要があります。
脊柱管狭窄症の方は、腰部の前弯が強いことが多々あります。よって、強い前弯を緩める必要があり、背中にある起立筋や多裂筋を丁寧にほぐし、緩めていくことが大切になります。
また、腹側にある大腰筋の緊張もみられることが多々あります。直接アプローチしても良いですし、膜繋がりで鵞足の近位(腎臓の反応点)で確認して、後脛骨筋を緩めることで大腰筋をゆることも検討します。
孤独に悩まれることなく、なんなりと ひろ整骨院/ひろ鍼灸院にご相談下さい。

当院へのアクセス情報

所在地〒152-0033 東京都目黒区大岡山2-1-7
駐車場なし
電話番号03-4291-1990
予約予約優先です。当日でも結構なのでお電話ください
(土日祝日も受付けております)
※土日祝日:完全予約制です(予約のある時間帯だけ開院)