TEL
MENU

野球治療

大岡山、自由が丘、旗の台のひろ整骨院/ひろ鍼灸院で野球治療!

子供から大人まで昔から親しんでいるスポーツとして野球が挙げられますが、プロや高校野球の選手を見ても競技の立場から考慮すると怪我に悩む方も少なくありません。それは、未成年の児童においても同じことが言えまして、野球で怪我をして学生生活に大きく悪影響を受けることも珍しくないのです。この場合は、選手生活と並行してしっかりと体のメンテナンスを行うのが重要と言えるでしょう。大岡山、自由が丘、旗の台のひろ整骨院/ひろ鍼灸院は、良質な野球治療も提供しています。

野球は下半身もそうですが、やはり上半身の不具合が非常に多いスポーツと言えます。野手の場合は肩、投手に至っては肩と肘にも悪影響を及ぼしていく訳です。しかし、これらの不具合は一度発生してしまいますと成人になっても長引くことは大変多く、そのために不具合を感じないような予防観点にて野球治療を進めなければなりません。これにより、大岡山、自由が丘、旗の台のひろ整骨院/ひろ鍼灸院は年齢を問わない野球治療を進めているのです。

大岡山、自由が丘、旗の台のひろ整骨院/ひろ鍼灸院は、通常の整体施術の他に鍼灸・医療器具治療もご提供しているのです。平日夜10時まで施術していますのでお仕事帰りのご来院も大変便利となっています。

子供の野球肘には注意が必要です

小学生、中学生に多いのが野球肘です。投球動作で肘に痛みを訴えます。ひどくなると、肘が曲がらない、伸ばせないなど日常生活にも支障が生じます。
正しくない、つまり、身体に負担がかかる投球フォームを繰り返すことや過度の投球により、野球肘になります。
長期間の積み重ねによるものであるため、ケガというよりは故障に近いものであります。
投球フォームや過度の使用により、肘に関連する筋肉・腱・靭帯を損傷するものがほとんどですが、関節内の骨や軟骨が剥離・欠損したり、関節ねずみ、離断性骨軟骨炎をおこしたりします。
子供の骨には骨端線というものがあります。これは、骨が縦に伸びる部分であります。
もし、この部分が障害されると、その骨の成長が止まることもあり得ます。
すると左右の手の長さが変わるだけでなく、橈骨と尺骨(前腕の骨)の長さが異なることで、手が湾曲し、回内・外という手のひらを上下に回すような動きが出来なくなってしまうこともありえます。
安心のために、病院の画像診断を受けておくのも大切だと思います。
当院には、治療に有効な電気治療器、超音波治療器もありますし、ストレッチ・リリースも行います。
駅からも近く、お電話による事前予約でスムーズに治療にご案内できます。

当院へのアクセス情報

所在地〒152-0033 東京都目黒区大岡山2-1-7
駐車場なし
電話番号03-4291-1990
予約予約優先です。当日でも結構なのでお電話ください
(土日祝日も受付けております)
※土日祝日:完全予約制です(予約のある時間帯だけ開院)