TEL
MENU

このような事故でも保険を適用して施術を行うことができます。

むちうち 病院

むちうち症を負ってしまったら、大岡山、自由が丘、旗の台のひろ整骨院/ひろ鍼灸院や病院までご来院下さい。

交通事故の怪我の中で、最も多発する疾患がむちうち症と呼ばれるものです。むちうち症と聞いてもあまり重症なイメージではないかもしれませんが、むちうち症というのは、とても危険な疾患なのです。むちうち症の根本治療なら大岡山、自由が丘、旗の台のひろ整骨院/ひろ鍼灸院や病院にお任せください。

むちうち症は、交通事故の怪我の中で最も発生件数が多い疾患ですが、このむちうち症は、事故後すぐには症状が表れませんので、注意が必要になります。その為、多くの方が、「怪我をしてない」と勘違いしてしまい、治療を受けずにそのままにしてしまいがちです。それでは、頭痛やめまい、吐き気、しびれ、倦怠感などの症状に襲われてしまいますので、大岡山、自由が丘、旗の台のひろ整骨院/ひろ鍼灸院や病院を必ず受診しましょう。

むちうち症は、見た目上では何も分からない為、適切な検査が必要になります。ご自身の自己判断ではなく、大岡山、自由が丘、旗の台のひろ整骨院/ひろ鍼灸院や病院の専門の検査を受けましょう。

病院に行かなくてはだめですか?

「病院に行かなくてはだめですか?」というご質問をよく聞きます。
結論としては「行かなければなりません。」です。
なぜならば、診断をくだせるのは、医師だからです。
診断で大切なのは、どこを治療すべきか・・・という最初の診断と治りましたという最後の診断あるいは後遺症が残りますという後遺症の診断の2つです。
最初の診断では、大丈夫と思っていたところが、後から痛み出すということも多々あります。
曖昧なまま時間を経過してしまうと、それが交通事故によるものなのか、そうではないのか因果関係がはっきりしてこなくなります。
最初は、むちうちで首が痛かったのが、しばらくすると腰の痛みや手のしびれなどが出てくることも良くあります。
俗に背骨と言っていますが、首の骨と腰の骨はつながっていますし、互いに影響してS字カーブを形成しています。
首の骨を痛めれば、腰の骨を痛めている可能性も考えられます。また、首の骨の間からは神経が出ており、手にしびれを生じることもあります。
腰の痛みや手のしびれもあるのに、治療すべきところが首だけということにならないようにすることが交通事故における最初の診断では大切です。ひろ整骨院/鍼灸院では、いつでもご相談にのります。
2つ目の診断で、治りましたという診断ならば良いのですが、治らない・・・つまり、後遺症が残るという診断は重要です。なぜならば、交通事故による後遺症の補償の問題があるからです。
「交通事故にあったら病院に行かなくてはだめですか?」というご質問をされる背景には、待たされる、かゆいところに届かない治療などのご不満もあるようですが、前述のとおり、2つの診断は医師しかできないので病院にいかなければならないのです。
交通事故治療としての日々のケアや通院のインターバル、保険会社の補償など、聞きにくいことでも何でも、ひろ整骨院/鍼灸院にご相談ください。いつでもご相談にのります。

当院へのアクセス情報

所在地〒152-0033 東京都目黒区大岡山2-1-7
駐車場なし
電話番号03-4291-1990
予約予約優先です。当日でも結構なのでお電話ください
(土日祝日も受付けております)
※土日祝日:完全予約制です(予約のある時間帯だけ開院)