MENU
紹介する TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

記事一覧 > 未分類 > 骨折の季節(疲労骨折について)

骨折の季節(疲労骨折について)

2018.06.29 | Category: 未分類

大岡山の ひろ整骨院/鍼灸院の木下です。

暑いですね!

10月で開業3年になります。

この間に骨折の患者さまを診たのは4件です。

そりゃそうですよね!

「骨折かも」って思ったら

整骨院よりも病院に行くと思います。

 

うちに来られた患者様は、自分が骨折していることを気付かずに来られたのです。

 

1人は、くしゃみをして肋骨を骨折したケース。

くしゃみのエネルギーって結構すごいんですよ!

ぎっくり腰の原因でも、くしゃみはベスト3に入ります。

女性の場合、女性ホルモンが骨をつくるのに重要な役割を果たします。

閉経後、女性ホルモンが少なくなると骨が弱くなりやすいのです。

ですから、ご年配の女性は気を付けましょう!

 

2つ目は、腰の骨が剥がれていたケース(裂離骨折)です。

痛くて歩けず、近所の整形外科クリニックに行ってら「何でもない」と診断されたケースです。

腫脹・発赤、触診から、骨折ではないかと思い、

隣駅にある東京明日香病院を紹介しました。

この病院は、膝専門、肩専門、脊髄専門という風に整形のスペシャリストのドクターが複数いらっしゃいます。

しかも、レントゲン以外にCT,MRIなどの画像診断設備も有しておりますし、入院施設も充実しています。

その方は、やはり骨盤の裂離骨折でした。

写真のように、紹介状を持参した患者様について、病院から情報が当院に返されます。

上手く連携しながら、患者様をサポートしています。

 

あとの2件が本日のテーマです。

2人とも中学1年生。

足が痛い、なぜか痛い

という共通の症状です。

結論から言うと、足の第2中足骨の疲労骨折です!

手で言うと人差し指の根本、掌の部分の骨が第2中指骨になります。

この足バージョンですね!

 

小さな衝撃が積み重なって、ヒビが入るように骨折します。

 

これが夏に多い、しかも中学1年生や高校1年生に多いのです。

中学に入学して、高校に入学して部活動を始めます。

今までよりもレベルの高い運動量の部活動で

衝撃が積み重なって、疲労骨折するのです。

そして、

試合があるから、レギュラーを決める合宿があるから

今は休めない という方もいるのです。

 

骨折をそのままにしておくと、くっつかなくなったり

偽関節になったりするのです。

骨をくっつけるには3週間前後の安静が必要なのです。

 

ということで夏は中1、高1の疲労骨折の季節でもあります。

気付かないこともあるので、痛いと思ったら

病院か整骨院に行きましょう!

 

当院へのアクセス情報

所在地〒152-0033 東京都目黒区大岡山2-1-7
駐車場なし
電話番号03-4291-1990
予約予約優先です。当日でも結構なのでお電話ください
(土日祝日も受付けております)
※土日祝日:完全予約制です(予約のある時間帯だけ開院)