TEL
MENU

記事一覧 > 未分類 > 嗅覚麻痺と灸治療

嗅覚麻痺と灸治療

2015.11.27 | Category: 未分類

鼻をつまんで、物を食べると味がしないですよね。

ある日突然、84歳の女性の方が匂いがわからなくなりました。

病院でMRIも撮ってもらい、検査したのですが、原因不明で有効な治療方法がありませんでした。

においがわからない・・・・・味がしない

それは、彼女から食事の楽しみを奪いました

c2fd386788d3a75f5e322ecd70d44815_s

 

ふと、私は、学生時代に鍼灸の先生から、灸治療で嗅覚を回復させた症例を聞いたことを思い出しました。

久しぶりに恩師に連絡し、その時の症例について詳しく教えて頂きました。

機能はしていなくても、嗅細胞は生きているという前提で、灸治療によって血行を良くして嗅覚を回復させようという考えです。

でも、顔にお灸は怖いですよね。

糸状灸という細い小さな灸であっても、目の近くに灸があることは怖いものです。

でも、当院には電子灸という強い味方がいます。

火を使わない灸であり、温度や熱感を調整できます。

凹凸のある顔面であっても、電子灸のガラス面はピタと着けることができます。

さらに、灸治療の前に、セラミックのフェイスマスクで顔を蒸し温めてリラックスしてもらっています。

この治療の課題は、週に2,3回の治療を約3カ月という期間、継続できるかどうかだと考えています。

ちょうど、この12月と1月にサンキュープリペイドを販売するので、経済的な負担は軽減できると思います。

 

当院は真摯に患者様と向き合い寄り添います。

なんなりとご相談ください。

 

当院へのアクセス情報

所在地〒152-0033 東京都目黒区大岡山2-1-7
駐車場なし
電話番号03-4291-1990
予約予約優先です。当日でも結構なのでお電話ください
(土日祝日も受付けております)
※土日祝日:完全予約制です(予約のある時間帯だけ開院)