TEL
MENU

記事一覧 > 未分類 > 病院の紹介

病院の紹介

2017.05.01 | Category: 未分類

こんにちは。

ひろ整骨院/鍼灸院の木下です。

すっかり春らしい陽気になりましたね。

先日、講演を予定しているお医者様とお話ししました。

講演のテーマは「春に多い疾患」です。

すぐに思いつくのは花粉症なのですが、僕は急性腰痛症(ぎっくり腰)を提案しました。

そう、意外と春に多いのですよ。

天候が良くなると、身体もダイナミックに動くと思って

急な動きをして・・・・あ、痛いたたたぁ

となるんです。

 

急性腰痛症(ぎっくり腰)の原因で多いのが

・歯磨き、洗顔

・子供を抱き上げる(荷物を抱き上げる)

・くしゃみ

なのです。

 

歯磨き、洗顔は、腰をかがめた時ではなくて、

かがめた腰を戻そうとする時に ギクッてなるのです。

 

くしゃみは意外とパワーがある行為なのです。

くしゃみでぎっくり腰も多いのです。

そして、

くしゃみで骨折する人もいるのですよ。

 

なんとなく胸が痛むと言って当院に来られた方、

症状が骨折なので、病院に当院の紹介状を持って行ってもらいました。

やはり、肋骨を骨折されていました。

 

当院の紹介状と言いましたが、正確には施術情報提供書です。

こんな状況・症状なので、お医者様に見てくださいと書いた書類です。

お医者様に診てもらった方が良いもの、画像診断した方が良いものには、施術情報提供書を書きます。

当院の患者様には、無料で書いています。

 

病院に行くというと気が重いですね。

でも、何でもないことを確認にいく、安心するためにいく

と考えて行かれることをお勧めしています。

 

この施術情報提供書で最も多いのが「疲労骨折」です。

しかも夏に多いのです。

中学1年生や高校1年生に多いのです。

疲労骨折は小さな負荷が同じ部位に時間をかけて重なることで起こります。

昨年の夏は中学1年の女子4人が疲労骨折していました。

 

骨折の部位は皆、足の第二中足骨です。

足の人差し指(?)の根本(足の甲)の部分です。

 

運動部に入部し、一つレベルの高い部活動を行うため

1年生の夏には疲労骨折が多いのです。

 

子供が足の甲を痛がったら疲労骨折を疑うことも大切です。

 

病院に行くことがためらわれるならば、

まずは当院のような整骨院に行かれては如何でしょうか。

健康保険や子供医療助成も使えますよ。

 

また、当院では

近隣の東急病院のほか、

一つとなりの駅(奥沢)になりますが、

肩専門、肘専門、手専門と細かな専門分野を持つ整形外科を有する東京明日佳病院を紹介することもできます。

どちらの病院もレントゲンやCT、MRIなどの画像診断ができますので安心ですよね。

 

病院の敷居が高いようならば、気軽に当院をご利用ください。

当院へのアクセス情報

所在地〒152-0033 東京都目黒区大岡山2-1-7
駐車場なし
電話番号03-4291-1990
予約予約優先です。当日でも結構なのでお電話ください
(土日祝日も受付けております)
※土日祝日:完全予約制です(予約のある時間帯だけ開院)