TEL
MENU

サッカー治療

サッカー治療は大岡山、自由が丘、旗の台のひろ整骨院/ひろ鍼灸院!

世界で最も人気のあるスポーツと言えば言わずと知れずサッカーですが、プロやアマを問わずに怪我が多いことでも知られています。一度でもプレー中に重大な怪我を負えば長期間の戦線離脱を行わなければならない他、最悪の場合は選手生命も絶たれることになり兼ねません。そのためには、日常的にケガをしないような体作りが重要です。大岡山、自由が丘、旗の台のひろ整骨院/ひろ鍼灸院では、このような事態を少しでも予防するためにサッカー治療をご提供しています。

サッカー治療と聞くといかにも怪我をしてからの対処と感じますが、実際は怪我をしてからの回復は非常に困難だと言えるでしょう。つまり、怪我で医療機関に通院するよりも、怪我をする前に整体施術などで骨格を正常に整えておくことが意義も非常に大きいことなのです。大岡山、自由が丘、旗の台のひろ整骨院/ひろ鍼灸院では、整体施術はもちろんですが鍼灸治療などで怪我時における自然治癒力を高めるサッカー治療サポートを進めているのです。

大岡山、自由が丘、旗の台のひろ整骨院/ひろ鍼灸院では、平日夜10時まで施術をご提供しています。目黒線・東急大井町線の大岡山駅のすぐそばにありますので、お仕事帰りでもご来院にとても便利です。

サッカー治療の考え方

サッカーのケガで多いのは、足関節の捻挫です。特に前距腓靭帯という外くるぶしの斜め前にある靭帯を痛めるケースがあります。少年の場合、腓骨の剥離骨折を併発している場合もあるので要注意です。
捻挫で伸びた靭帯は、縮んでもとの状態に戻りにくいので、再発しやすくなります。
また、この痛めやすい前距腓靭帯の近くには足根洞があり、一種のセンサーのような役割を果たしています。
怖いのは、捻挫により、この足根洞のセンサーが機能しなくなり、知らないうちに足の運動の微妙なバランス感覚が狂うことです。
それにより、ジャンプや接触プレーなどの後の着地のバランスを崩しケガをする可能性が考えられます。
捻挫の治療と併せて、ケガの予防の観点から、足の感覚(まっすぐに足を下す、片足立ちをするなど)の確認・練習も必要と考えます。
サッカーをやる人に多いのがグロインペイン症候群です。中田(ヒデ)、中村(俊輔)、ジダンなどの有名選手も経験した疾患です。鼠径部症候群とも言われるように鼠径部、股関節周りの障害です。
捻挫・肉ばなれなどで、可動性・安定性や運動協調性に問題があるままプレーをして股関節近辺に障害を起こすと考えられます。
電療・ストレッチ・手技による治療に加え、グロインペインによって低下した筋肉を強化していくことも大切になります。

当院へのアクセス情報

所在地〒152-0033 東京都目黒区大岡山2-1-7
駐車場なし
電話番号03-4291-1990
予約予約優先です。当日でも結構なのでお電話ください
(土日祝日も受付けております)
※土日祝日:完全予約制です(予約のある時間帯だけ開院)