TEL
MENU

子供の肘の亜脱臼(肘内障)

子供の肘の亜脱臼(肘内障)なら大岡山、自由が丘、旗の台のひろ整骨院/ひろ鍼灸院に全てお任せ下さい。

子供の肘の亜脱臼(肘内障)とは、その名の通り肘が亜脱臼してしまう事で、2~4歳頃の幼小児特有の障害です。親子で手をつないで歩いている際に、子どもの手を強く引いてしまうと、この肘内障が発生してしまいます。急に子どもが肘の痛みを訴えだしましたら、肘内障の可能性がございますので、すぐに大岡山、自由が丘、旗の台のひろ整骨院/ひろ鍼灸院までご来院下さい。肘内障の整復をこれまで数多く行ってきた国家資格者が責任を持って対応致します。

大岡山、自由が丘、旗の台のひろ整骨院/ひろ鍼灸院では、まず痛みが発生した際の状況を詳しくお伺いいたします。手を引っ張った際に痛みが生じているのであれば、子供の肘の亜脱臼(肘内障)の可能性が高いので、各検査を行いながら鑑別診断を行っていきます。
整復が完了すれば、すぐに肘を動かす事もできます。

子供の肘の亜脱臼(肘内障)は癖になりやすいので、手を引っ張らないようにするなど、注意が必要です。大岡山、自由が丘、旗の台のひろ整骨院/ひろ鍼灸院では、そういった予防法もお伝えしておりますので、安心してお越し下さい。

当院へのアクセス情報

所在地〒152-0033 東京都目黒区大岡山2-1-7
駐車場なし
電話番号03-4291-1990
予約予約優先です。当日でも結構なのでお電話ください
(土日祝日も受付けております)
※土日祝日:完全予約制です(予約のある時間帯だけ開院)