MENU
紹介する TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

記事一覧 > 未分類 > 3ヶ月で約12kgやせました(院長のダイエット計画)

3ヶ月で約12kgやせました(院長のダイエット計画)

2018.06.29 | Category: 未分類

こんにちは!

ひろ整骨院/鍼灸院の木下です。

 

 

3月23日に96.2kgの体重が6月23日には84.6kgになりました。

3ヶ月で約12kgのダイエットです!

デブが小ぶりのデブになりました!

 

どうしたの?何をやったの?

という声を沢山頂いたので、ブログで報告します。

 

まず、私が行ったのは

「家族にダイエットの協力をお願いする」ことと

「リビングに体重計を置く」ということです。

 

以前、ボーディビルダーの方の指導で

週2回の筋トレ(ベンチプレス、ダンベル、スクワットなど)と

糖質オフでダイエットしたことがありますが、

すぐにリバウンドしてしまいました!

 

なので、今回は自分の生理学の知識と当院の「体幹トレーニング」の組み合わせでダイエットすることにしました。

 

最終目標は64kg、そう96kgの2/3です!

途中目標として75kg(21kgのダイエット)をあげました!

あと、9kgです。

 

体幹トレーニングはシルエットは変わりますが、

体重の変化は小さいことは従前の説明通りです。

ですが、ポッコリお腹をへこませたいので体幹トレーニングをしています!

1回5分で週2回です。

 

スピードスケーターの小平奈緒選手が

「食事からしか身体は作れない。」「体調管理=食事管理」

と言ってました。

私のダイエットの基本も食事管理であり、ロカボです。

と言っても、

相変わらず腹いっぱい食べていますし、お酒も飲んでいます。

とんかつ、串カツ、天ぷらなど油もの大好きです。

だから、ストレスなくダイエットを続けています。

 

ロカボとはローカーボン、つまり糖質制限です。

糖質とは炭水化物から食物繊維を引いた(除いた)ものです。

この糖質をコントロールする、管理することが基本です。

 

タンパク質や油は、身体の材料になるもので、

食べ過ぎても、それを体に貯め込むことはできません!

安心して食べましょう!

 

身体に貯め込むのは、身体を動かすエネルギーである糖質、

そう炭水化物なのです。

余分な炭水化物は将来に備えて脂肪として体に貯め込まれます!

 

だから1回に…1日ではなく、1回に

摂取する炭水化物は70g以下、

そう片手の掌に乗る程度、つまり、お茶碗6分目程度

にするのです。

 

最初の1ヶ月は

毎日食べていたチョコレートなどのお菓子禁止、日本酒とワイン禁止、飲んでいる時の炭水化物を禁止しました。

その次の1ヶ月からは日本酒OK、たまの炭水化物OKにしました。

お好み焼きとビール、日本酒とお寿司OKです!

ただし、

体重の減少のトレンドに変化がでたら、気を引き締めていきます!

大切なのは、体重グラフのトレンドが減少傾向にあることです。

日々の細かい数字は気にせず、トレンドを気にするのです。

これが横ばい、あるいは上昇に転じそうになったら、

糖質コントロールを強化します。

 

それから

4月後半から「酢キャベツ」を食べています。

可能な限り毎食前に100g食べています。

 

これは、TVで教授が、痩せやすい体質にするには「酢キャペツ」が良いと紹介されたのに感化されたからです。

酢キャベツで「やせる体質」に、腸内環境を改善することが

私のダイエットの2つ目の柱です。

 

ところで、カロリーとは熱量で、燃やした時のエネルギーを表すものです。

ダイエットで、これを意識する人が多いのですが、

ダイエットにはカロリーコントロールよりは糖質コントロールが重要なのです。

 

昔、食べ物のエネルギーをどう表して良いかわからない時代にカロリー(熱量)を用いたのです。

食べ物を燃やした時に出る熱量=カロリー

なので油は高カロリーになります。

 

でも人間は蒸気機関車ではありませんから

食べ物を燃やして動いているわけではありません。

 

低カロリーあるいはカロリー0なのに太ってしまう

ということがあったと思います。

カロリーが0でも、糖質があると太ってしまうのです!

 

糖質コントロールには

1回当たりの糖質摂取量をコントロールすることと

血糖値の急上昇を避けることです。

 

血糖値が急上昇、つまり血中の糖質が急に増えると

インスリンが血中の多量の糖質を何とか減らそうとします。

エネルギーとして消費しても、残ってしまう大量の糖質を

とりあえず脂肪に変えることで血中の糖質を減らすのです。

そう、ほとんどが脂肪にされてしまうのです。

 

私は油たっぷりの葉野菜のサラダやロカボナッツを血糖値の急上昇回避に利用しています。

根野菜は糖質を多く含んでいることが多いのです。

また、ドレッシングにも糖質が多いことがあるのです。

だから、葉野菜にオリーブオイルをたっぷりかけて、塩を少々ふって食べたりしてます。

 

 

まとめますと

1.糖質コントロール(1回の量と血糖値の急上昇回避)

2.酢キャベツ(腸内環境の改善)

3.体幹トレーニング

が私のダイエットのベースです。

 

目標は96kgの2/3の64kg!

途中目標として75kg!・・・あと9kg!

 

どうなることか、また、経過をご報告します。

当院へのアクセス情報

所在地〒152-0033 東京都目黒区大岡山2-1-7
駐車場なし
電話番号03-4291-1990
予約予約優先です。当日でも結構なのでお電話ください
(土日祝日も受付けております)
※土日祝日:完全予約制です(予約のある時間帯だけ開院)